マーケティングオートメーションの効果

マーケティングオートメーションは、顧客管理を自動化してくれるものとして、日本でも徐々に普及しています。では、このマーケティングオートメーションを活用することで、得られる効果とはどのようなものなのでしょう。

まずは、マーケティングの効率が改善されます。データの入力も、人間が行うと時間と労力がそれに取られます。さらに入力ミスや見込み客の見逃しなどの人的なトラブルも考えられます。しかし、マーケティングオートメーションはそれらの不安材料を払しょくし、さらに作業時間を大幅に短縮してくれるのです。そしてマーケティング自体の質の向上です。顧客のニーズは一人一人違い、それに対応した情報を提供するには、人間ではかなり難しい業務となります。しかし、マーケティングオートメーションであれば、顧客のニーズを自動で選別し、精度の高いマーケティングを行うことができるのです。

マーケティングオートメーションはまた、見込み客の購買意欲を段階的に読み取ることができます。見込み客の行動を順次データ化して、購買意欲の変動を見える形にして成約へと繋ぐ働きを持っているのです。この、マーケティングの効果を可視化するということで、営業の戦略も具体的なものとなり、より高い成約率を実現できるのです。

管理と配信を自動化

日本でも広がりをみせつつあるマーケティングオートメーションですが、では一体どのようなことができるのでしょう。まずは、自社サイトを訪れたユーザーを識別して、ユーザーに合った情報、コンテンツを提供することができます。例えば新規客には、自社製品がどのように役立つのかを紹介し、さらに商品を購入してくれそうな見込み客に対しては、もう少し詳しい商品内容や成功事例などを提示するなど、それぞれに応じたコンテンツを自動で提供できるのです。

また、その見込み客の行動パターンを自動的に選別し、リピートへと繋ぐ効果を持っています。セミナーなどの来客に対し、それぞれの満足度や興味を元にそれをリスト分けして、一括管理できるのです。このデータは、その後のメール配信などに生かされ、見込み客の囲い込みに効果があります。

見込み客を次なるステップに引き上げるために、メール配信などが重要となってきますが、その際もこのマーケティングオートメーションは有効な機能を発揮してくれます。どの時間帯でどの情報を発信すればいいのかといった、人間では手間と労力が必要な業務を、自動でしかも最適化されたコンテンツを配信できるのです。このように、マーケティングオートメーションは、顧客のデータを自動で管理でき、購買意欲を高めるものとして注目されているのです。

マーケティングオートメーションの誕生

今やマーケティングは、インターネットなしでは語れないものとなりました。その中で、近年、マーケティングオートメーションが徐々に認識され、広がりをみせてきたのです。では、このマーケティングオートメーションとはどのような背景で生まれ、そして日本にやってきたのでしょう

マーケティングオートメーションは、元々はアメリカで広く普及しているものでした。アメリカは日本と比べ、国土が広いため商圏が桁違いに大きくなります。日本であれば、東京と大阪に集中しているため、ビジネスは対面で行うものという考え方がありますが、アメリカではそうもいきません。移動手段は飛行機というのが当たり前の国ですから、対面での営業にも限界があります。そこで、登場したのがこのマーケティングオートメーションなのです。

ネットでの会議やメールでの資料のやりとりなどが日常的になってくると、次に顧客へのマーケティングを自動化するという考え方が発生してきました。新規客の獲得やリピート率の向上など、ここからマーケティングオートメーションの概念が定着していったのです。この流れは、当然日本にも及んできて、少しずつではありますがマーケティングオートメーションが普及しているのです。

webマーケティングの主流

マーケティングオートメーションという概念が、近年日本で広がりを見せつつあります。ビジネスにおいて、マーケティングは心臓部と言っていいほど重要な位置を占めるものです。現代のビジネスは、マーケティングなしでは成り立たなくなっているのです。ただ、そのマーケティングも時代の変遷に伴い、徐々に変化しています。その流れの中で、これからのwebマーケティングの主流となると見られているのがこのマーケティングオートメーションなのです。では、このマーケティングオートメーションとは、どのようなものなのでしょう。

マーケティングオートメーションは、アメリカで誕生しました。承知の通り、アメリカという国は広く、都市から都市への移動は飛行機がほとんどとなるほどです。つまり、営業の方法として、対面営業は物理的に不可能なことが多く、ネットを介した会議やメールでの資料のやり取りとなってきます。そういった経緯を踏まえ、マーケティングオートメーションという概念が生まれたということなのです。

マーケティングオートメーションは、顧客の情報を自動でリスト分けし、その顧客に最適な情報をピンポイントで提供するというものです。サイトへの訪問者を、最短距離で確実にリピート客に育て上げるためのツールとも言えるでしょう。今までは、人間の手によって行ってきた顧客管理を全て自動で行ってくれるため、ミスや機会ロスがなく非常に効率的なマーケティングが可能となるのです。当サイトは、このマーケティングオートメーションについて説明します。