webマーケティングの主流

マーケティングオートメーションという概念が、近年日本で広がりを見せつつあります。ビジネスにおいて、マーケティングは心臓部と言っていいほど重要な位置を占めるものです。現代のビジネスは、マーケティングなしでは成り立たなくなっているのです。ただ、そのマーケティングも時代の変遷に伴い、徐々に変化しています。その流れの中で、これからのwebマーケティングの主流となると見られているのがこのマーケティングオートメーションなのです。では、このマーケティングオートメーションとは、どのようなものなのでしょう。

マーケティングオートメーションは、アメリカで誕生しました。承知の通り、アメリカという国は広く、都市から都市への移動は飛行機がほとんどとなるほどです。つまり、営業の方法として、対面営業は物理的に不可能なことが多く、ネットを介した会議やメールでの資料のやり取りとなってきます。そういった経緯を踏まえ、マーケティングオートメーションという概念が生まれたということなのです。

マーケティングオートメーションは、顧客の情報を自動でリスト分けし、その顧客に最適な情報をピンポイントで提供するというものです。サイトへの訪問者を、最短距離で確実にリピート客に育て上げるためのツールとも言えるでしょう。今までは、人間の手によって行ってきた顧客管理を全て自動で行ってくれるため、ミスや機会ロスがなく非常に効率的なマーケティングが可能となるのです。当サイトは、このマーケティングオートメーションについて説明します。